運転免許においては、点数制が基本であり、日本では加算方式が採用されています。

点数制が基本

学校の試験を受けたことがある人が、多数であることは、当たり前のことでしょう。
すべての国民が義務教育を受ける以上、試験は身近なものでもあります。
試験の特徴としては、点数によって、その人の理解力が計られるということです。
もっとも、点数が高いからといって、人間性までも優れているとは言えないこともまた、事実です。
点数にとって、すべてが決まることではないという認識もまた、大切なことでしょう。
ともあれ、何らかの評価で点数を付けられることは、非常に身近なことです。
実は、運転免許においても、点数制が採用されています。
加算方式であり、点数が高いほど、悪い評価と言えます。
すなわち、前歴において、何らかの行政処分を受けたことを意味しています。
ある程度の点数に達すれば、運転免許の停止や取消がなされます。
それが点数で判断されるため、ある意味、非常に効率的です。
したがって、一体自分が何点の段階にあり、そうして、あと何点で思い処分が課されるか否かをきちんと確認しておくことが大切でしょう。
こういう加算方式とは違い、自動車保険では、加減方式と言えるものが採用されています。
つまり、事故がなければ、点数が上がり、そうでなければ、点数が下がるというものです。
もっとも、自動車保険の場合、使った保険によっても、点数に影響を与えます。
これもまた、運転する身であれば、十分認識しておくべきことです。
いずにせよ、運転免許を持っているからには、点数制であることの自覚を持っていることが、大切です。

便利な運転免許の情報サイト

Copyright (C)2017 違反でどうなる?運転免許 All Rights Reserved.