交通法規に違反すれば、行政処分が課され、最悪は運転免許の取消となります。

処分を見てみる

交通法規などを巡る行政処分にも、色々なものがあります。
行政機関が下す処分であり、いわば、管轄機関による専権事項にもなるでしょう。
そんな中でも、思いものと言えば、運転免許の停止と取消です。
停止は、その名の通り、運転免許が使えないことを指し、一ヶ月から半年程度の期間です。
取消とは、運転免許そのものが撤回されることと同様です。
仮にもう一度車を運転するのであれば、教習所からやり直すことになります。
ただし、前歴などから二度と乗れないケースもあるようです。
この点については、十分気をつけるべきでしょう。
また、交通法規を違反することで、点数が決まっています。
細かに区別されていますが、一番軽いものでは、無灯火であったり、割込などになります。
また、点数の高いものでは、酒酔い運転になります。
これを行えば、免許取消となり、しかも刑事罰まで課されます。
さらに、人身事故を起せば、取り返しのつかない事態となるため、肝に銘じておくことが重要でしょう。
さらに、無免許運転も、点数の高いものとして知られています。
かつて、暴走運転を重ねた若者グループがありましたが、無免許で運転し、警察沙汰になったニュースなどがありました。
今でも時折、そういうニュースが流れますが、これもまた、刑事罰となっています。
以上、交通法規に伴う行政処分ですが、こういう処分の種類も、今ではインターネットで調べることができます。
運転免許を取得したのであれば、そういうサイトをきちんと確かめておくことが、大事になるでしょう。
Copyright (C)2017 違反でどうなる?運転免許 All Rights Reserved.