交通事故の程度によっては、刑事罰を課されてしまうこともあります。

刑事罰もある

刑事罰とは、刑法に則った罰則となります。
通常、警察に逮捕され、検察に起訴され、裁判によって判決が下されます。
運転免許に伴う刑事罰も、これに則ります。
すなわち、交通事故を引き起こし、それに伴う点数が課され、起訴されて裁判で判決が出されます。
罰金刑であれば、裁判で罰金が決まります。
けれども、自分で認めるようになれば、略式裁判となります。
これは、書類による簡易裁判であり、審理も速く、スピード決着とも言えるでしょう。
当然、罰金額が決まれば、手続きに沿ってお金を支払うようになります。
しかし、忘れてならないのは、刑法には人を殺めた場合、あるいは、人を傷つけた場合の罰則もあります。
日本では最高刑が死刑であるため、その可能性がないとは言えないでしょう。
交通事故によって、人の命を奪ったり、あるいは、一生涯傷を負わせれば、それなりの責任が伴うことを十分承知しておくべきです。
ただし、表現が適切かどうか分かりませんが、本格的な刑事裁判となれば、それなりの時間が掛かります。
しかも、状況によって、懲役なども課されるようになります。
たかが車の運転、されど車の運転、という意識も、運転免許を取得した後に、十分考慮しておくべきことです。
なお、交通事故が刑事事件となることもありますが、民事事件となることもあります。
被害者から訴えられるケースがあり、状況によって、多額の賠償金を支払うようになります。
これは民法の不法行為規定に沿ったものであり、当然、法律に則ったものとなっています。
Copyright (C)2017 違反でどうなる?運転免許 All Rights Reserved.