取消処分者講習とは、運転免許の取消対象となっている人が受講する講習です。

取消処分者の講習

取消処分とは、運転免許を撤回されることと同様でしょう。
つまり、免許が利用できないということです。
交通違反によっては、一発取消ということもあり、免許停止と似たような面があるでしょう。
しかし、再度運転免許を取得することも可能であり、失敗した人にもチャンスを与えているのが、日本の運転免許制度でもあります。
そういう取消処分者が受講する講習が、取消処分者講習です。
内容としては、グループディスカッションや実車指導などがあります。
2日間に渡って行われるものであり、一日目が7時間、二日目が6時間となっています。
受講できる所によって、実施日などが決まっていることもあるため、事前に確認しておくことが、重要です。
また、取消処分者講習も、費用が掛かります。
約32000円となっていますが、これもまた、事前にきちんと確認しておくべきでしょう。
なお、免許取消の対象期間は、過去3年以内となっています。
したがって、取消対象の最低点数が決まっていても、すべての人が同じとは限りません。
さらに、取消処分者講習の有効期間は、1年となっています。
基本的に、再取得をするのであれば、その期間以内に教習所へ入所すべきでしょう。
けれども、重要なことは、運転免許の欠格期間です。
教習所の中には、欠格期間を過ぎていない人を受け入れないところもあります。
そうなれば、運転免許の再取得も自分の望み通りの期間でできない可能性もあります。
欠格期間は、処分歴などによって異なり、人によって違います。
これについても、十分理解しておくことが、大事です。
Copyright (C)2017 違反でどうなる?運転免許 All Rights Reserved.