初心者で違反を繰り返し、ある程度の点数となれば、初心者講習を受講しなければなりません。

初心者講習とは

初めての人、というと、何も知らない人を想像するでしょう。
確かに、運転免許取得者であれば、誰もが初めは初心者です。
自由に車を運転することになれていない面があるでしょう。
そういう人だからこそ、違反を繰り返してしまうことがあります。
そのため、初心者講習というものが設けられました。
詳細を述べれば、運転免許取得から1年以内に3点以上の違反点数を加算された人が対象です。
仮に3点の違反をした場合、4点以上からが講習対象となります。
仮に講習を受ける立場となれば、公安委員会から通知書が届きます。
講習の件についても、詳細な案内があるでしょう。
では、講習の中身はと言えば、危険予測訓練、運転演習、ディスカッションなどです。
また、運転免許の種類別に講習を受けるようになります。
日本の場合、普通、大型、原付に分かれています。
普通は乗用車ですが、大型と原付は二輪車が対象です。
普通と大型の場合7時間、原付の場合4時間の講習時間となります。
さらに、講習費用が掛かり、普通と大型が約2万円以内で、原付が約1万円以内です。
受講場所によって変わっている可能性もあるため、事前にきちんと確認すべきでしょう。
また、通知料も掛かり、これは約1000円以内となっています。
なお、初心者講習は、公安委員会の通知を受けてから1ヶ月以内となっています。
必ず受講しなければならないため、きちんとスケジュールを立てることが、大切です。
こうして見ると、人によりけりかもしれませんが、違反をすることで、結構な費用が掛かるとも言えます。
Copyright (C)2017 違反でどうなる?運転免許 All Rights Reserved.